介護派遣が実際に働く職場とは?施設形態ごとの違いを解説!

公開日:2023/04/15  最終更新日:2023/03/23

介護派遣 施設形態ごとの違い

介護派遣として働く場合、介護サービスに関する施設で働くことになります。しかし、介護に関する施設はさまざまな種類があるのが特徴です。施設によって担当する業務や介護の方針などが大きく異なるため、介護派遣として働く前に施設ごとの違いを押さえておく必要があります。そこで今回は、介護施設の形態ごとの違いについて解説しましょう。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、主に自治体や社会福祉法人に運営されている介護施設です。公的な施設であるというイメージが強く、入居条件は要介護3以上と介護度の高いサービスが必要な入居者が多いのが特徴です。特別養護老人ホームでの業務内容としては歩行や入浴、トイレの介助など身体介護がメインとなります。身体介護の業務は資格が必要となりますが、介護者に触れない仕事もあるので無資格でも働くことが可能です。

さらに特別養護老人ホームでは施設の入居者だけではなく、デイサービスやショートステイの業務を並行して行う場合もあります。担当するポジションによって業務内容や求められるスキルが異なるため、応募する前によく確認しておくのがおすすめです。

有料老人ホーム

主に民間企業によって運営されている有料老人ホームは、介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの2つに大別されます。介護付き有料老人ホームは介護サービスを提供する施設となっていますが、住宅型有料老人ホームは高齢者向けの住宅という立ち位置です。住宅型有料老人ホームで介護サービスを受けるためには、訪問介護やデイサービスと別途契約しなければなりません。

有料老人ホームで働くといっても介護付きか住宅型かによって仕事内容が大きく異なるため、求人情報をよく確認する必要があります。また有料老人ホームの入居者の介護レベルも施設によってまちまちであることから、提供している介護サービスや設備もそれぞれで異なるのです。自分のスキルや経験が活かせる職場を見極められるとよいでしょう。

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、社会福祉法人や医療法人などによって運営されている公的な施設となります。病院から退院した高齢者が在宅生活へ復帰できるようにリハビリや医療ケアといったサービスを提供するのが主な役割です。

介護スタッフのみならず、医者やリハビリスタッフが勤務しているなど、多くの職種の人々と一緒に働くことが多くなるため、スキルの幅を広げるチャンスの場ともなります。また入居者の入れ替わりが早く、いろいろな症状を経験できることも介護老人保健施設で働くメリットです。介護老人保健施設を担当するポジションによって業務内容や介護サービスが異なるため、入職前に確認が必要となります。

グループホーム

グループホームは、認知症の高齢者が共同生活するための施設です。5~9人までの少人数を1班として家族のように暮らしていきます。地域に密着しながらアットホームな施設運営を行っていることから、入居者との距離感も自然と近くなるのが特徴です。主な業務内容としては入居者と一緒にご飯を作ったり家事をしたりしながら、認知症の進行を遅らせるような介護サービスとなります。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設と比べると施設の規模が小さくなるため、働くスタッフも少人数であることがほとんどです。入居者も少人数であることから一人ひとりの入居者に寄り添えるため、じっくり介護サービスを行いたいという人に向いている施設となります。グループホームは認知症の知識が求められると考える人も多いかもしれませんが、無資格者でも募集している施設もあるため経験が浅い人でもチャレンジできる職場といえるでしょう。

デイサービス

普段は自宅に住みながら日中の間だけ利用する施設がデイサービスです。夜勤は難しいけれど日中は介護職として働きたいという人におすすめの職場となります。自宅で孤独感を感じる高齢者も多いため、通所することでほかの利用者やスタッフと交流し、孤独感を解消してもらうことがデイサービスの役割です。デイサービスでの業務は介護サービス以外にも利用者に楽しんでもらえるようなレクリエーションの企画なども重要となります。

デイサービスを運営する事業所は日曜や祝日お休みとしているところも多く、子育て世代でも働ける環境です。基本的には日中の勤務のみですが、ショートステイも行う事業所であれば夜勤がともなうことがあります。夜勤を避けたい場合は日中のデイサービスのみの事業所を選びましょう。

 

今回は介護派遣が実際に働く職場となる介護施設について解説しました。特別養護老人ホームは介護度の高いサービスが必要となる入居者が多く、介護スキルに特化した業務が中心となります。有料老人ホームは介護付と住宅型で仕事内容が大きく異なるため事前に確認が必要です。介護老人保健施設は退院後のリハビリをサポートする施設となっており、さまざまな医療ケアに触れられるのが魅力的です。グループホームは認知症を持った高齢者が共同で住む少人数施設なので、じっくり寄り添った介護サービスがしたい人に向いています。デイサービスは基本的に日中のみの勤務となることが多いため、子育てと両立した働き方が可能です。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

山梨県甲州市は、大月市や山梨市、埼玉県秩父市などと隣接する山間部の盆地地帯です。夏と冬の寒暖差が大きいので、四季の変化を生活の中で感じられます。 そんな甲州市で介護派遣のお仕事を探すのであれ
続きを読む
本記事では、介護派遣のメリットとデメリット、そして介護に向いている人の人物像に焦点を当てます。介護派遣のメリットには、柔軟な勤務スケジュールやさまざまな経験の機会などがありますが、その一方で
続きを読む
介護は人々に深い感動とやりがいをもたらしてくれる仕事です。この記事では、介護の基本から、勤務形態の違いについて解説します。介護の日勤と夜勤では、それぞれに異なる要素があり、その違いを理解する
続きを読む