派遣介護士として働きながらダブルワークを行うメリット・デメリットとは?

公開日:2023/02/15  最終更新日:2023/01/27


介護士として働きながら収入を増やしたいという場合、選択肢としてあがるのはダブルワークです。ダブルワークは主に収入面ではメリットがありますが、デメリットもあります。始める前に、どうすれば可能かしっかりと考えてみてください。今回は、派遣介護士として働きながらダブルワークを行うメリット・デメリットと注意点をご紹介します。

山梨県介護派遣業界トップクラスの満足度の派遣会社

派遣介護士として働きながらダブルワークを行うことは可能?

派遣介護士であれば、好きな時間に働くことができます。週に何回、何時間働くか選択できるのです。つまり、勤務時間を上手に調整すればダブルワークは可能です。正社員になると、フルタイムで働き、夜勤もあるためダブルワークは難しくなってくるでしょう。

派遣介護士は、働き方を選べるのがメリットです。曜日で介護施設をかえる、昼間と夜で介護施設をかえる、昼間と夜で働く職種をかえるなどが可能です。ダブルワークの働き方も、アルバイト、派遣、在宅ワーカーなど種類があります。働き方や職種を選択して、上手にダブルワークをしましょう。

派遣介護士として働きながらダブルワークを行うメリット

ダブルワークをする理由として一番多いのは、収入が上がるということです。空いている時間を活用してダブルワークをすることで、収入を増やすことができます。平日だけの勤務の場合、大型連休があると収入が減ります。そんなときに、休日や夜間もできる仕事をかけもちしていれば、連休のときは別の仕事を増やすと収入を減らさずにすみます。収入が増える、安定することは生活に大切なことですよね。

収入のほかに、経験を積むことを目的とする人もいます。ダブルワークをすれば、違う施設で多くの経験を積みたい、または別の職種も経験したいという希望も叶います。それぞれの職場で人間関係がかわるため、人脈も広がります。介護施設同士でダブルワークをする場合、夜勤専従の仕事がおすすめです。夜勤はニーズが高いうえに、時給も高いため、時間を有効に使い効率よく稼ぐことができます。

また、登録ホームヘルパーもおすすめです。登録制のため、週1回、1日1時間から働ける場合もあり、ダブルワークしやすいといえます。ダブルワークは、短期間で希望を出せるシフト制の仕事だと、自分の体調をみてスケジュールを調整しながら働けるのでよいでしょう。

派遣介護士として働きながらダブルワークを行うデメリット

ダブルワークは、必然的に働く時間が多くなる分、休養をとりづらくなります。疲れがたまると、それぞれの仕事にも影響がで、体調を崩すと仕事を休まなくてはいけなくなります。休養もしっかりととれるような勤務管理を、自分自身でしなくてはなりません。収入面ばかりに気をとらわれずに、休みもしっかりととりましょう。

休みがとれていないと感じたら、職場を通勤時間が減らせる場所にかえる、より時給の高い仕事にかえて効率的に稼ぐなど仕事自体を見直してみてもよいでしょう。勤務管理でもう1つ気をつけなければいけないのは、仕事が重複しないようにすることです。一度、シフトが出てしまうと交代してもらうのが大変です。きちんと確認してシフト希望を出しましょう。2つの仕事とプライベートのスケジュール調整が、ダブルワークを行ううえで一番大変なことといえます。

また、年に1回だけではありますが確定申告をしなければならない場合があります。正社員でもアルバイトでも2か所以上からの給与所得がある場合、メインでない方の所得が20万円を超えると確定申告が必要になります。所得税が増える可能性があります。また、20万円以下であっても住民税の申告が必要です。年度末近くの忙しい時期なので忘れないようにしましょう。

派遣介護士として働きながらダブルワークを行う際の注意点

派遣介護士で働く際の注意点も確認しておきましょう。

ダブルワークが許可されているか確認する

まずは、職場がダブルワークを認めているか必ず確認しましょう。こっそりとやっていても、税金の関係でわかってしまうこともあります。ダブルワークを考えている場合には、最初からダブルワークOKの職場を選びましょう。

確定申告する

先ほども述べましたが、確定申告が必要になる場合があるので注意しましょう。

責任を持って仕事をする

ダブルワークをしている場合、本業と副業を自分の中で分けていたとしても、副業だけ手を抜くということはできません。どちらの職場からも給与をもらっているのですから、責任を持ってしっかりと仕事をこなしましょう。ダブルワークのせいで、疲れがたまり仕事に集中できないなど、職場に迷惑がかからないようにしてください。休みをとりながら、どちらの職場でも全力で働く必要があります。

スケジュール管理をする

2つの仕事とプライベートのスケジュール管理ができなくてはいけません。重なってしまうと、人に迷惑をかけることになります。スケジュール管理はきちんとしましょう。

まとめ

派遣介護士として、ダブルワークをするメリットとデメリット、注意点についてご紹介しました。意外と大変かもと思った方もいるのではないでしょうか。はじめからダブルワークを考えておけば、派遣介護士として働き時間に融通をきかせる、ダブルワークOKの職場を選ぶなど準備ができます。後から考えた場合は、ダブルワークの職場をどういうところにするかは慎重に選びましょう。スケジュール管理をしっかりとし、健康に気をつけて、収入アップを目指しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

山梨県甲州市は、大月市や山梨市、埼玉県秩父市などと隣接する山間部の盆地地帯です。夏と冬の寒暖差が大きいので、四季の変化を生活の中で感じられます。 そんな甲州市で介護派遣のお仕事を探すのであれ
続きを読む
本記事では、介護派遣のメリットとデメリット、そして介護に向いている人の人物像に焦点を当てます。介護派遣のメリットには、柔軟な勤務スケジュールやさまざまな経験の機会などがありますが、その一方で
続きを読む
介護は人々に深い感動とやりがいをもたらしてくれる仕事です。この記事では、介護の基本から、勤務形態の違いについて解説します。介護の日勤と夜勤では、それぞれに異なる要素があり、その違いを理解する
続きを読む